top of page
検索

五月の順教寺の掲示板


【5月の順教寺の掲示板 】


///////////////////////////////////////////


「仏法の鏡の前に立たないと

自分が自分になれない」


『真宗教団連合法話カレンダー』より


///////////////////////////////////////////


「仏法の鏡」とはどういうことか。


鏡は光の反射によって、自分の姿を映すもの。


仏法の鏡、それは仏さまの光(教え)によって


私の内面が隅々まで照らし出されるということ。


「相手に思いやりをと思いながら、自分中心の私。」

「生き方には様々な選択肢があるといいながら、他者にはそれを許さない私。」

「命をいただいているといいながら、食べ物を粗末にしてしまう私。」


隠しているつもりの恨みや妬みの心も

仏法の鏡にはくっきりと映し出される。


とにかく私は自己中心で成り立っている。

そんな自分をありありと見つめるのは怖いのもの。


阿弥陀様はそんな衆生をこそ救ってくださるのに、鏡の前で目を開けることができない私は、まだまだ本当の自分に出遇えていないということになるのでしょう。


人の心は湖畔の水面と同じ様に

荒れた日には景色や自分の姿がよく映らない。

人の心も荒れた様であれば、周りも自分もよく見えない。


お釈迦さまの教えをいただき(仏法の鏡)

穏やかな心で私をみつめ日々暮らしていきたいものです。




南無阿弥陀仏🙏

Comments


bottom of page