top of page
検索

令和三年 報恩講(ほうおんこう)のご案内


 


謹 啓


慈光照護のもと門信徒のみなさまには、

ご健勝にてご法義繁盛のためご精進のこととお慶び申しあげます。


また、平素より順教寺護寺、

宗門の興隆にご尽力いただき、

まことにありがたく厚くお礼申しあげます。


以下の日程にて報恩講法要のお参りをいたします。


 



日 時 令和3年11月6日(土曜日) 午前11時〜


会 場 順教寺


法 要 正信念仏偈



報恩講とは


「報恩講」という名称は、親鸞聖人のひ孫である本願寺第3代覚如上人が、聖人の33回忌にあわせて『報恩講私記(ほうおんこうしき)』を著されたことに由来しています。

 先年ご往生された梯實圓勧学はご法話の中で、「ご開山(親鸞聖人)さま、ありがとうございました。あなたのおかげで私もあなたと同じお念仏をいただいて、同じ信心をいただいて、同じお浄土で今度は出遇であわせていただきます、とお礼を申しあげる法要が報恩講だよ」とおっしゃられています(『伝道』201 No84・星野親行師の寄稿より)。


 

門徒・信徒の皆さま方には、

祖師の遺徳を偲び、

お念仏相続いただく勝縁とし

宗祖親鸞聖人の報恩講を順教寺本堂において厳修いたします。


御参拝くださいますようご案内申し上げます。


合掌


 




Comments


bottom of page