top of page
検索

秋のお彼岸


 

「暑さ寒さも彼岸まで」の彼岸には、春彼岸と秋彼岸があります。


それぞれ

春分の日(3月21日頃)

秋分の日(9月23日頃)を中日として


その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。


● 9月20日:彼岸入り

● 9月23日:彼岸の中日(=秋分の日)

● 9月26日:彼岸明け


毎日慌ただしく生活をしていますと、

手を合わせることもおろそかになってしまいます。


「忙しい」とは「心」が「亡くなる」と書きます。


だからこそ「お彼岸」をご縁に、


お寺で一旦心をリセットしてはいかがでしょう?


「順教寺墓地の観無量寿地蔵」

両方の手をしっかり合わせましょう。


お中日の夕陽

ついつい忙しい日々の生活のなかでは、

心穏やかに手を合わす余裕はないものです。


『ありがとう』

『いただきます』

『ごちそうさま』


基本なことですが、

なかなか手を合わすことをながらになってしまう私たち…


先人や周りの人たちがいて、


今を生かされている、私。

お中日の夕陽とコスモス

お彼岸の仏縁にいま一度、

立ち止まって今を見つめてみましょう。


 

コメント


bottom of page