top of page
検索

姿より 香りに生きる 花もある



姿より 香りに生きる 花もある

7月の順教寺の法語です。


外見だけではなく内面の美しさや香りのような見えない価値にも目を向けることも大切なんだなぁと味合わせていただきました。


「姿より香りに生きる花もある」とは、外見よりも内面的な特質が重要な場合があることを示唆しています。これは人間関係や自己認識においても当てはまる教えです。人は外見だけで判断するのではなく、その人の内面や行動、言葉から得られる価値に目を向けるべきだということを教えてくれます。


また、この言葉は自分自身を評価するときにも役立つメッセージです。外見だけにとらわれず、自分の内面の美しさや他者に対する影響力を認識し、大切にすることの重要性を思い出させてくれます。


この法語は、日常生活において他人を評価する際や自己評価を行う際に、一層深い視点を持つことを促しているように感じられます。


南無阿弥陀仏🙏


---------------------


お盆参りのご予約はお早めにお願いします。

8月13日〜16日はお盆です

お墓参りの際は以下のことをお守りください

 ・お線香の火に十分に注意

 ・お供物は持ち帰ること

 ・駐車場並びに墓地内の通路は草刈りを行なっていますが、各自の墓地の清掃はお盆前にしていただくようご協力お願いいたします。


---------------------

コメント


bottom of page